サイトマップヘルプ
福島県信用保証協会とはご利用案内ご相談・お問合せ保証協会様式集関連リンク
 トップ > 福島県信用保証協会とは > 信用補完制度のしくみ
信用補完制度のしくみ
   
▼信用保証制度と信用保険制度とで成り立つ信用補完制度
信用補完制度とは、「中小企業者、金融機関、信用保証協会の三者から成立つ信用保証制度」と、「信用保証協会が
(株)日本政策金融公庫に対して再保険を行う信用保険制度」の総称です。
 イメージ


信用保証制度
▼金融の円滑化を図る制度
中小企業者が金融機関から事業資金を借入れる際、信用保証協会が公的な保証人になることにより資金調達を容易にし、中小企業金融の円滑化を図ることを目的とした制度が「信用保証制度」です。
信用保証制度のしくみは、中小企業者、金融機関、信用保証協会の三者が基本となっております。


▼信用保証制度のしくみ
1 中小企業者は、金融機関を経由して信用保証申込を行います。 
2 信用保証協会は、申込のあった中小企業者について信用調査を行います。 
3 信用保証協会は、審査の結果保証承諾を決定した場合は、金融機関あてに「信用保証書」を発行します。
4 金融機関は、「信用保証書」に基づき、中小企業者に融資を行います。この際中小企業者は所定の保証料を金融機関を通じて信用保証協会へ支払います。
5 中小企業者は、融資条件にしたがって借入金を金融機関に償還します。
6 中小企業者が何らかの事情により借入金を返済できなくなった場合(償還不能)は、信用保証協会が、償還不能になった元金及び一定範囲の利息を、中小企業者に代わって金融機関に代位弁済します。
7 信用保証協会は、中小企業者等に対する求償権を得て債権者となり、中小企業者は信用保証協会に対して求償債務の返済をします。


信用保険制度
▼信用保証業務にともなうリスクをカバーする保険
信用保証業務にともなうリスクを、保険によってカバーし、信用保証制度の機能が十分に発揮できるようにすることを目的として、信用保証協会が保証を承諾し、金融機関から融資が実行されると、その保証承諾は、(株)日本政策金融公庫(以下「政策公庫」という。)との信用保険に再保険される制度が「信用保険制度」です。
信用保険制度のしくみは、政府全額出資の政策公庫と信用保証協会の二者が基本となっております。


▼信用保険制度のしくみ
1 政策公庫と信用保証協会は、信用保険契約を締結し、この保険契約に基づき政策公庫は信用保証協会の保証に対して保険を引き受けます。
2 信用保証協会は、中小企業者の方から受領した信用保証料のなかから、政策公庫に信用保険料を支払います。
3 信用保証協会が金融機関に代位弁済したときは、政策公庫に保険金の請求を行います。
政策公庫は信用保険の種類に応じ、代位弁済した元本金額の70%または80%を保険金として信用保証協会に支払います。
5 信用保証協会は政策公庫から保険金を受領し、中小企業者の方等からの債権回収の義務を負い、代位弁済した中小企業者などからの回収金を、保険金の受領割合に応じて政策公庫に納付します。
 


 
  信用保証協会は、地方公共団体、金融機関等から出捐金や負担金を受け基金を造成し、信用保証業務に伴うリスクに対する資金的な裏付けをし、信用保険制度により、代位弁済に伴う負担が軽減されます。これらにより信用保証協会は、さらに広範な中小企業の方の金融を円滑にすることができるようになります。
このように、信用保証制度と信用保険制度は有機的に結合し、中小企業金融の円滑化を支援しています。
 
 





 

▲ ページトップへ

Copyright(c)2004 Credit Guarantee Corporation of Fukushima All Rights Reserved