サイトマップヘルプ
福島県信用保証協会とはご利用案内ご相談・お問合せ保証協会様式集関連リンク
 トップ > 福島県信用保証協会とは > 基本財産
基本財産
   
基本財産について

基本財産とは、一般企業の資本金に相当するものです。信用保証協会が引き受けた保証債務の最終担保的な性格があります。現在、福島県信用保証協会が引き受けできる保証債務の最高限度は、定款の定めにより基本財産の50倍(定款倍率といいます。)と定められています。このため、中小企業の保証需要に安定して応え、公共的使命を果していくためには、基本財産の充実が不可欠となっています。


基本財産の推移
24年度 25年度 26年度 27年度 28年度

29年度

198億72百万円 207億3百万円 214億57百万円 219億4百万円 222億85百万円 226億7百万円



基本財産の構成
基本財産は「基金」と「基金準備金」から構成されています。
  • 「基金」は、県・市町村等からの拠出である出捐金(※1)と金融機関等負担金(※2)で構成されています。
  • 「基金準備金」は、毎事業年度決算における収支差額のうち、基金準備金として繰り入れた累計で、信用保証協会の自己造成資金です。



(平成29年度)

226億7百万円 構成比
62億94百万円 27.8%
40億95百万円  
21億99百万円  
163億13百万円  72.2%



(※1)
出捐金(しゅつえんきん)
地方公共団体等が、信用保証協会の基本財産に拠出した資金のことをいい、出資金としての性格をもっております。
信用保証協会が解散するような場合は、出捐の額を限度として各出捐者に残余財産分配請求権がみとめられております。

(※2) 金融機関等負担金
金融機関が、信用保証協会の基本財産に拠出した資金のことをいい、金融機関には税法上損金算入が認められております。




 

▲ ページトップへ

Copyright(c)2004 Credit Guarantee Corporation of Fukushima All Rights Reserved